『丹後半島一周(復路)』

半島の先端、経ケ岬に着いたものの予定時刻を大幅に超過。

晴れているものの眺望は水平線は霞み イマイチ。
冬の日本海なら、寧ろ悪天候と豪快に打ち寄せる波が見物なのだが。
海岸はべた凪の海面に、赤潮の帯びが漂い被写体に成らず。

暫くすると閑散とした駐車場に、横浜ナンバーのBMW・Ducatiの混成ツーリング軍団10数台が低音を響かせて入ってきた。

S bmw vs ducati

ヤバイと思う間もなく、とっことハム太郎を取り囲むように駐車。
ローカルで有りながら、なまじっか有名な都市のナンバープレート”宝塚”を目ざとく見つけられ質問攻め。

決して食する事が無いであろう山の手の人々が、下々の食卓を覗きこむように、我が愛車「とっとこハム太郎」の性能・感想を訊かれる。

「排気量も価格もそちらの1/10ですが・・・・。 まっ、普段履きですから・・・。」と情けないコメント。

 

16:00 彼らが逆時計回りであってくれと祈りつつ、逃げるように『伊根の舟屋』へと出発。

何のことは無い、ものの5分でクラクションと共に片手ウイング挨拶を切って過ぎ去ってゆく。(飛び去ってゆく)
(伊根の舟屋で再会。 天橋立にあるマリントピアリゾートの別荘をベースに海と陸を楽しんでいるんだと!)(_ _,)/~~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショックで道路沿いのモニュメントのある公園で一休み。

S 2014-05-02 16.19.22

iPhoneに妻からのメール。『夕食要るの?』
目の前の看板「漁港メシ 直進あと1Km」を写真にとり送信が返事。

S 2014-05-02 16.32.02

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

気を取り直し、看板の蒲入漁港へ。S 2014-05-02 16.47.24

坂を下り海岸線に降り、集落を抜け一番奥のセリ場へ、

ひなびた建物に「漁港メシ」の幟が乱立。

S 2014-05-02 16.40.31

 

先客が駐車した岸壁沿いに並んで駐車。
港内を飛び交うカモメを写真に撮り、徐に食堂に・・・。

S 2014-05-02 16.39.28

 

ガン~ン!!。 「本日は終了しました」 ただいまの時刻 16:30

幟はガンガン営業中の勢いなんだけど・・・。
営業終了したら県道沿いの幟は片付けて欲しいな。

道中の幟を目にし過ぎたのか、はたまた空腹なのか店前の「本日は終了しました」が目に入らなかった。

同類は私達だけでなく10分間に後続が5人、しかも年齢問わず同じ行動パターンをとるのが面白い。

写真を撮り ⇒ ヘルメットをバックミラーに掛け ⇒ 店前で「オゥ」と声を上げ ⇒ それでも、中を覗き込み ⇒

そして、周囲を見渡す ⇒ 我々と視線が合うと両手で頭を掻きむしる。

そして、言葉を発せず散ってゆく。

S 2014-05-02 16.39.20

※追記

帰宅後、ネットで調べると
・………………………………………………………………
営業期間  平成25年4月19日 から 9月30日まで
営業時間  11時00分 から 14時00分
定休日    毎週木曜日、8月1日 から 8月16日は休業
・………………………………………………………………

予約が必要だったのか??? ・・・・ 残念組は道路わきのガンガン幟に引き寄せられた人達だったのだ。

ine

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

時刻も時刻、海岸線走りを諦め、ここからは県道178号線をひた走り「伊根の舟屋」へ。

平田トンネルを抜けると、勝手知ったる伊根。
まずは高台にある道の駅「舟屋の里 伊根」 営業時間が終わり、閑散としてキャンパーが数組だけの駐車場から伊根湾を一望。

S 2014-05-02 17.06.59

早々に引き上げ、伊根の集落へ下る。

夕暮れ時は湾の左手奥 亀島に進むのがポイント。(写真 右上の場所)

S 2014-05-02 17.25.38ビューポイントには名古屋からの先客。

写真を撮り合い、先を急ぐ彼とはお別れ。

私は、ここで暫しカモメを観察しながら休憩。

 

夕日が舟屋の奥まで差し、静かな湾にカモメがノンビリと・・・
此処まで奥に入ると、夕暮れ時は地元民の生活の匂いと物音だけの静かさ。
時折、カモメが鳴く・・・  イイね

S 2014-05-02 17.26.55

時折、釣り船が沖から戻ってくる。 釣り客はそのまま民宿に消えてゆく。

観光客に溢れた昼間の様相とは異なり、静かな漁村そのもの。

波止場では犬の散歩の親子、ボラードにはカモメならぬ老婆が腰かけ、カモメは波間に身を任せ・・・ 陽が沈むのをただ待つだけの琥珀色の時間。

S 2014-05-02 17.20.47

tototo<tototo<TOTOTO< DODODO ≪どっどっどっ

なッ何と、あの横浜ナンバーのBMW・Ducatiの混成ツーリング軍団。

再会を喜び、暫し談笑(’_’、) ・・・・正直、こういうの苦手。

荷台に発泡スチロール箱が4箱!!  途中の漁港でアワビ・サザエと鮮魚を仕入れてきたとのこと。
更に、ここの向井酒造「京の春」と「益荒猛男」を購入してベースの天橋立リゾート施設で、今宵は酒盛り、舟盛り・・・

鉄馬と騎手とも、そうとう燃費が悪そう(´ー`) 

Selamat Jalan ⇔ Selamat Tinggal の感じでお別れ挨拶

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰りの長距離ライドに備え、軽く『へしこの茶漬け』と思うも、どこも食堂は閉店。

時刻は18:00を過ぎ、22:00迄には自宅で風呂上りに一杯といきたいね。

S 2014-05-02 18.01.40

18:30 伊根の舟屋をバックに最後のポーズ写真を撮り、缶コーヒーBOSSをゴミ箱に投入がスタートの合図。

カァ~ン♪   イザ TAKARAZUKA!! ×2 ♪

途中の天橋立に立ち寄るも、停まることなくUターン。 国道176号線をひたすら南下。

パッシング・スルーする大型バイクに路肩に寄せるも、乗用車には追い越しさせず。

飛ばし屋(乗用車)を先行させ、目視確認できる後方を追走(時速70~80Km/h程度)、取り締まりに留意。

21:30 宝塚着

思いのほか、疲れを感じない。

道中、並走するバイクツーリングのグループとは付き合わず、乗用車の流れに乗りオートマチック と ウインドシールドのお陰かな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

丹後半島一周ツーリング(復路)

出発時刻 16:00 (伊根 18:30)
到着時刻 21:30
走行距離 180.0km (伊根から153km)
所要時間 5:30 (伊根から3:00)
平均時速 32.7Km/h (伊根から51.0Km/h)
ダウンヒル合計 3,707m

S 丹後半島一周(帰路)

クリックでコース詳細

=======================

丹後半島一周ツーリング(往復通算)

出発時刻 10:00
到着時刻 21:30
走行距離 401.7km
所要時間 11:30
平均時速 35.5Km/h
ダウンヒル合計 8,009m

燃費 57km/L ※継ぎ足しなので±5%誤差

=======================

“Honda Sh mode” Inpression

巡航速度は55~70Km/hを流すのがベスト。

利用可能速度は、譲って80Km/hが限度。

最高速度はシールド装着で103Km/h(メーター読み)  ※下りで115km/h メカが心配

50Km/hからのアクセルONの「パァ~」音は頂けない。

不評の硬めのシートは、私には良かった。 400Km走って不快・疲れは無かった。 寧ろ、CB400SFは時折ステップに立ちあがって伸縮運動しながらの走行であった。

前輪16インチという大きな直径のホイールは自動二輪に乗っていた私(三半規管が老朽化した)には真っすぐ走る為の最低必須条件です。
また、横風やマンホール等のギャップ越えには有効。

前輪16インチに対し後輪14インチ(100/90)は弱々しい。 後輪が噛むコーナリングは楽しめない。(+原付パワーでは・・・)
後輪スリップを予期して楽しむライダーには良いかもしれないが、・・・
それに、雪国に多い進行方向の縦スリット路面では後輪の尻振れ有り。 前輪は直進性が有るのだがタイヤ径の差か?

(コーナーを攻めすぎると片持ち後輪は剛性不足な感じ。 CB400SFの片側ショックアブソーバーがへたった感覚のクニュ感)

≪総論≫

正しく、健気な「とっとこハム太郎」 中年オジサンに最適な一品。

若者が避けるデザイン、バックミラーを見ないギャルが乗れないシート高さが逆にこのバイクの魅力。
決して走行性能ウンヌンを言ってはいけない/30万円で。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【申し送り事項】

ウインドシールド(08R70-K29-J00) 20,000円は必須パーツ。

思いの他、横風に強い。 寧ろ、裸より空気を整流して良いのかも。
今回、チョイ乗りの感覚で薄着で結果は遠出したのに関わらず疲労感ゼロ。
身体を繭のように包む感覚で、背中が後流でジャンパーが膨らむ。 結果、それが流線型を形成する。
両足も、閉じるのでなく少し広げ足の外側に空気が流れる程度が乱気流を発生させないコツ。

シールド

トップボックス 35L(08L71-KZL-840ZA) 19,000円+2,500円

シート下は、合羽とチャージャーケーブル(キックが無いので非常用に)で一杯。
空でも私のジェット型ヘルメットはきつかった。

トップケース

アクセサリーソケット(08E70-K29-900) 3,000円

iPhoneの欠点、圏外や位置情報ONでの電池切れをこれで解消。
ケーブルで繋ぎぱなしでナビもOK。

アダプタ

ハンドルカバー Unicar プチ防寒カバー(汎用 BS-005)  2,426円 ※amazonプライム

ネットで検索。 ツートンカラーがSh-modeとマッチ。
皮手袋に慣れた私には、安全面で少し不安。(実のところ、緊急時はかなり不安)
しかし、通勤のチョイ乗りで雨天時に皮手はメンテが大変。
今回は、写真を撮りつつのツーリングでしたので好都合でした。

※緊急時の安全面を考慮すると、純正のナックルバイザーかな。(駐車場ほかで接触による破損が難点)

グローブ

表面保護材 プレクサス PL368[HTRC 2.1] 2,318円 ※amazonプライム

プラスチック多用のSh-modeはこれ一本でOK
特に、ウインドシールドには撥水効果と透明度アップ抜群。
さすが米軍戦闘機のキャノピーに使用されているだけある。

プレクサス

=======================

 

←『丹後半島一周(往路)』

ps.動画・アルバムは近日アップ予定

 

[`evernote` not found]