『Web明細=電子納品=電子報告』

月初めの本日、個人事業の青色事業専従者の私は、支出入データの取込みに勤しむ。
支出入管理の内訳明細は、各社のWebページからCSVファイルをダウンロードして利用している。

毎月データをダウンロードしていて思う。
各社共、順次システム改訂を行い使い勝手が徐々に改善されているが、スタート時点の違いは経年経過しても違いは歴然。
なかなか、横並びに成らないどころか改善の方向性が一点に定まっていないのが残念。

◎優良システムの最低必要条件◎

1.閲覧・DLが12か月以上前が可能。

2.当該月のダウンロードしたCSVデータのファイル名には年月表示が付加。

例) meisai201405

3.CSVファイルのデータ列が時系列でシンプル、且つ、同一列内に異なるデータが含まれない。

例) 数量×単価=金額 の金額とは別の列に合計金額を表示。
大半が金額列に

4.明細をA4縦サイズを基本としたPDFデータがDL可能。

※ CSVファイルを理解するためには、やはり紙ベースの表示が必要な場合も。
※ 例) 車両燃料を出光カードでWeb明細にしたもののCSVファイル表示とのギャップが大きく、結局 請求書明細を郵送報告に戻した。

5.カード支払いの場合、確定月と未確定月を明記。

※ 例) PiTaPaカードの場合、最終請求データなのか解らない。(翌月にアクセスしても前月分が未確定??)

■この国が不思議■

『納税』という、キリスト生誕以前からの国を成り立つ基本的な決まりごとが、この国では「何とも、まやかしの世界」

かつては通商産業省が先進的な戦略を国が音頭を取り纏めて来た筈なのだが???。
JIS(日本工業規格)などデミング賞など、etc.
私の属した建設業界においても「CALS/EC(公共事業支援統合情報システム)」が展開され、電子商取引のニーズは認識されているのだか・・・。

省庁の既得権の争いなのか、はたまた、政治家・パトロン富裕層の企みなのか、いとも簡単に構築できる筈の納税システムへのデータ表示の基準・規格がてんでバラバラ。

少なくともも国税庁は過去3年以上前の銀行データを閲覧できるのだから、後はCSVデータの列項目を制定・告示すれば良いのでは。
列が統一できれば、データベースが楽なのだが・・・

「ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える」
著者:ビクター・マイヤー=ショーンを読んで意を強くする。

Big Data

細かいことを追う事を口実に、大きな損失を見過ごしてはいないだろうか?。

歴史ある名門企業(リタイヤ後の再就職先)や公務員(亡父や現役時の協議先)を観て思う。

[`evernote` not found]