『シニア社員研修』

『シニア社員研修』 5Tweet

52012-05-19月19日の日経夕刊 「長年の経験・技術・人脈・活躍に期待、等々」面映い言葉が続くが社会にとって本当にそれで良いのだろうか。

生産拠点流出などで国内総生産は減少傾向、給与人口のみ保留は一人当りの生産高は押し下げられる。

故に給与は下がる。

高年齢雇用継続基本給付金により国家予算は増える。

この制度自体がパッチワーク。

低賃金により、女性開放(解放)の美句の基、皆労働者化。

-家庭総収入は大差なし。
-共働き増加で子供が減少。
-高齢者雇用義務付けで新規採用はブレーキ。且つ、分母拡大で低賃金

企業継続の為に社員は毎年採用で優良人材獲得の為、初任給は緩上昇。

雇用人数増加で人頭割賃金は下がり、賃金カーブは横這いの末、失速。

今後は人材は市場から調達、キャリア転職が当たり前の社会。

つまり◆従来型雇用形態の崩壊◆から社会構造も大きく変化する。

以上は企業の話で公務員は除く。

野田総理の「税と社会保障の一体改革」は現行制度破綻に対する対応。

企業が「今」を生き残る策を逐次実施している中、社会構造変化に動かぬ政府とタヌキ決め込む公務員の体制では無理。

国民の意識改革・考える教育が必要だ。

起立・国家斉唱を守らぬ公務員を護る人々を傍観する国家意識希薄な国民。

第三極の国民ヘの意識喚起と改革へのカンフル剤として台頭を望む。

目的のある国の一時弱体化は今なら間に合う。

遅れれば遅れるほど、韓・朝・中に蝕まれる。 対等だからこそ友好が生まれる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[`evernote` not found]