ネットで監理技術者資格者証更新手続き

2013-12-04先日、リタイヤした私に「監理技術者」の更新のお知らせが。

更新手続きは
「建設業技術者センター」から
監理技術者講習は
「建設産業振興センター」から

同日に配達されてきました。 見事な連携プレー!!

しかし、悩む「第二の人生を」と定年延長契約を直前で破棄した私が、それまでの仕事の関連するライセンスを持ち続けるべきか破棄するべきか。

ましては、囲碁の「※アゲハマ」の如く、一級建築士も一級施工管理技術者・etc取得したものの仕事上では、それでもってウンヌンは無かった。 会社がライセンス保持者として行政に報告、施主や建設現場に管理責任者として書類提出されるだけ程度。

※戦利品の如く、碁笥蓋に置かれたハマのように。 将棋なら取られた駒も再度参戦可能なんだが、アゲハマは横たえるだけ。

寧ろ、ある現場では設計事務所の年配の先生がひと回りしたの私の建築士番号が大台に乗っていなかったことから、随分な嫌味を言われたり・・・。

もっとも、この時は名刺交換の際、相手の名刺に大きく「一級建築士」とご丁寧にも「登録番号」が記載されており、年齢と番号をみて「大変な努力して取得されたのですね」と言ったのが悪かった。
その時は大変喜ばれ、私に「君も若いうちに取得したまえ」と諭されました。  私の名刺には、社名・役職・氏名だけだったので・・・・。

後日、現場施工管理者の提出書類でばれて・・・・・。

以後、設計変更の際は、変更明細以外にも「構造計算書」ならまだしも、「行政との事前協議」までやらされました。

その後は、海外や購買業務に携わっていましたので全く関係なし。

これまでは会社が出してくれた二万円ちかくの更新料も、今後は自費だし破棄するか・・・。

と思ったものの、現住所と顔写真付きの身分証明書は「監理技術者資格証と運転免許証」 パスポートは国内では通用しないし(TSUTAYA)

と言う事で、更新します。


 

説明書を読むと、ネットで更新手続きが出来る。

1)、登録番号を入力すると既に登録内容が入力済み。  変更箇所のみ入力すればよい。

2)、更新料は、クレジット払いもOK。

3)、添付書類は写真・PDFで送信。

なんと、3分で終了。

前回までの更新手続きは何だったのか・・・・。

更に驚きは、行政関連のホームページにはあり得ないコミュニティサイトもグレードアップ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここまで行政関連手続きがIT化により、スピードアップがサービスアップされると「あの行政手続き」が目につく。

自動車運転免許証の更新手続き

・・・・・・・・・・・・・・・・・

優良運転手でも半日が潰れる。 講習も形だけ・・・、大半が待ち時間。

あっ・・・、こんな人がハンドル握っているんだ~・・・という、独特の空気の待ち時間がイャッ!!。 と、思われている私かも。

監理技術者資格証更新手続きのようにネットで出来て、講習も違う日に選択できるようにしてもらいたい。



所轄がスピード違反を取り締まる部署なので、サービスも「徐行運転」???

 


CE

 

Concom

[`evernote` not found]