天神祭

今日、7月25日は天神祭の本宮。

ウォーキングのついでに北浜方向を観察したが、地上付近は湿度が高くモヤった天気。
大阪空港に生駒山方向から進入する飛行機の灯りの連なりが消えては現れる。

暫し手すりにもたれ、今日の出来事を振り返る。

どういう事ではないのだが・・・・。 関連付けてしまう。(老いかな~?)

IMG_4947

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その1、天神祭

MAP00舞台となる大阪天満宮・堂島川は、入社試験、新入社員から始まって定年まで通った、私の通勤コース。
そして昼食時のウォーキングコースと重なる。

四季折々の変化を肌に感じながら、就業前、就業中、終業後と、色々な事を巡らす良い散策道でした。

この時期は、普段は砂を満載して堂島川を行き来するバージ船を中之島の対岸に係船して舞台・客席づくり。

本宮当日は、半ドン。  堂島川を望む北側オフィスで酒を飲み交わす良き時代は遠い昔。

MAP01大阪天満宮の早朝7時前、普段は静かな境内も、朝露が乾く前の真砂土と革靴が創る締め付けるような足音と蝉の音以外に、何となく活気を感じる。

つい2年前までの、通勤途上の日常風景を思い出す。

◆耳で聴く大阪◆
「大阪天満宮地車講による大阪締め」と、大栗裕(1918-1982)の管弦楽作品「大阪俗謡による幻想曲」の聴き比べも楽しい。

YouTube Preview Image YouTube Preview Image

 

[nggallery id=20]

◆ ◆ ◆

その2、尼崎のホテル「ポツプ・イン・アミング」

20130725-Pop In Aming今日の日経新聞朝刊に、ホテル「ポツプ・イン・アミング」。偶然にも、

1、隣接したところに一時期、住んでいた。
2、なんばパークスで一緒になったJVスタッフが、直前にホテルを建設したT社のT所長。
3、記事のキリンビール社長 磯崎さんと尼崎駅前で良くすれ違っていた。
(ホテルのレストランやフロントで良く顔を拝見していた。 額同様、顔が広い方です)

と言う事で、過去を振り返る。

1997年、日本に帰国後、神戸の須磨社宅に入居。
そこから、大阪北浜の本店に通勤。  当初は、最寄りの東須磨駅が阪神電車の始発駅でこの上なく便利であった。

2年後、やっと希望が叶い、工期6年の「難波パークス」建設現場へ勤務。
早朝・深夜までの勤務時間、しかも阪神電鉄と山陽電鉄の姫路・梅田間の相互乗り入れで始発駅でなくなり、一転して不便に。

と言う事で、住居購入も視野に大阪近辺を散策。

所詮はサラリーマン、総合職の転勤族。
あっさりとJR尼崎駅前の徒歩2分の賃貸物件を第一候補に。

何よりも、交通の便がよろしい。 大阪駅まで4分、梅田から難波まで御堂筋線8分 通勤時間が30分と掛からない。
豪雨の日も自宅から工事事務所まで傘の必要なし。

何処に転勤になっても引っ越しをしなくてよさそう。 でっ、決定。

T社のTさん、「JVの子の責任者」で来られて、大変つらかつたことと思いますが、貴方の真摯な務めと調整をして頂いたお陰で、原価担当の私は随分救われました。

有り難うございます。

本当に、なんばパークスの建設現場に集った、施主さま、職人さんたち、企業体メンバーにいた経験は、一生の宝です。

http://www.hopinn.com/

  HOPINN AMING

兵庫県で大阪市のど真ん中??。 超穴場ホテルです。

大阪駅へ直ぐ、4分。  梅田・京都・神戸・宝塚 4線の交差点。

◆ ◆ ◆

その3、Dunhillの腕時計

20130725-Dunhill今日の日経新聞夕刊に、大和証券グループの日比野社長の腕時計「Dunhill」

夫婦でお揃いのペアウォッチ。

我が家も一緒。

インドネシア駐在時に、一時帰国した際に妻からのプレゼント購入?。

以来、退職して時間から解放されるまで、
ゴルフのプレー時も、バイク運転時も、海水浴時も24時間ずーと、左腕に。

丈夫だ。 金メッキも禿げない。 えっ、金合金?。

もう20年以上になるのか・・・・。

私の左腕はDunhill、右腕は妻。

何時までも、大切に、共に時を刻んでほしい。

IMG_4977
シックでしっかりとした存在感。
応接室で相手の視線が左腕に注がれる。

月の変わりを意識させる機構。
30日の月は、翌1日の朝はリューズを回して31日を飛ばす。

DunhillBourdon House

[`evernote` not found]