新聞記者の資質とは

橋下徹大阪市長とマスコミとの遣り取りを観察してみると、質問側の勉強不足を感じる。

文楽に対する各社の報道も例に漏れず、記者の資質(知識以前)が市長について行けない。
内容を正確に伝えないで評論家から頓珍漢なコメントを引き出したり。
あのインタビューが活字になるとこの表現に成るのかと驚く。
そんな記者が押し出し後に論説委員に成って懐古的論説が痛い。

近松門左衛門の辞世の歌に
「残れとは思ふも愚か
埋み火の消ぬ間徒なる朽木書きして」

2005.05 尼崎市久々知 廣済寺 近松門左衛門墓所にて






All About スタイルストア

[`evernote` not found]