浮かれ日本人

本日の日経朝刊に「アジア通貨危機」の言葉が載った記事がひっそりと春秋に。

1997年、Indonesia Jakartaでの6年間の現地法人での赴任を終え、年末に帰任日が決まった頃の出来事。

インドネシア激動の6年間に身を置き、アジア最南の地から、日本を眺めていました。
衛星放送で、BBC、CNN、CBS、F2、Aljazeera、中国中央TV、etcを視聴(言葉が解らなくても映像で  :mrgreen:  )、もちろんNHKも。
流れるニュースに大きな違い。 何と、自国の事柄ばかり、世界はこんなことを案じて報じているのに・・・。

感じたこと、「何と、幸せなヒト♪、日本人」。 この軽薄さはどこから。

「ジュリアナ東京に代表されるバブルで浮かれ・酔った」後の、虚無感・虚脱感の漂い・・・・。
帰国15年経過後。 警告の鉄槌にも、何を学び、何処に進もうとしているのだろう。

現在、バブルの中国。 弾けるのは間近。 然し、

決定的に日本(明確に言うと、日本人)と違う。
「バブルのお金」の用途。
遺伝子的な大局感の違い。

1、軍備・・・(去勢したアメリカが、宦官として仕えろの構図が50年後も)

2、金の購入・・・(株、通貨と異なり定型価値。 バブル崩壊後も、国民の不満は爆発しない。 最も大事なのは相対的に自国通貨”元”を高める。=国際信用を得る)

3、他国の土地の購入・・・(他国の土地の所有権を持つこと。 不良債権と成り易いゴルフ場・建物を持つのとは意味が違う。 大使館敷地は不可侵の貸与が原則。 売却するとは・・・  😈  より啼く。 ワォ~~)

4、留学・・・(貴方の回りを観てください。 世界の指導者・経営者・宗教人・etc。
戦争を回避するには相手を知ることでは?。 先の大戦の山本五十六元帥然り。

5、移住・・・(その国の国籍を持つものを拡散。 良くも悪くもグローバル化、その時どれだけ〇〇系のアイデンティティーを持っているか。 それは家庭・道徳が大事。
貴方は、華僑華人の違いが解りますか。
中国レストランでテーブルを囲う中国人家庭を観察してください。
中国人の非と善を理解できる日本人に成りましょう)
※日本では、霞が関は外国かも?。
是非、子供さんを賢く育てて高級官僚にして日本国を取り戻そう。

【番外】 政権交代が5年・・・・全人代で次の5年間を国民がゆだねる
国の存続には当たり前の事(これが有って上記が成り立つ必須条件。 国の内も外も相手にしませ~ん!!。
但し、国民はこの間は内政批判でなく、国外に目を向け、5年後に次の5年の思いで議員を選びましょう。 何を勘違いしているのか、自分が国政を担うのだと国会で豹変しない議員を!!。 「市民の代弁人」を忘れて「ポピュリズムだ」と騒ぐ議員?)

◆後日、追記◆
2012.07.10  シンガポールもインドネシアも、普通の家庭の子供が、少しお金が溜まれば子供を海外に送り出していたな~。 外人の入学優先枠を利用して。
インドネシアで個人ショップ開業のA君は、京都大学へ留学、帰国後、官僚の道を選ばず留学時の知人ネットワーク(日本・台湾・アメリカ人)を利用して、情報・部品を仕入れて友人B君(東大留学組)とPCショップ開業。
私の帰国間際に彼達と会食した際、今後をどうすると聞いたら

1.「僕たちは来年はハーバードとボストンに留学する。 祖国が僕たちが必要する人間に成り、戻ってくる。 それが田舎の教員としてでも
2.「今、安易に官僚の道に入ったらそれまで。 苦労出来る時だから、苦労させてもらって、いまの官僚による治世が行き詰った時に、次を担う人材として」(人間のやる治世だから必ず方向転換が必要になる。  “善悪でなく”  “施策・方法が合わなくなる“)
3.「政治は、自分達には不向きだと思うし、入れば保守か革新の判断に分かれる。
自分達は、国外から成長途上の祖国と、世界の繁栄とエゴと悲劇を観察する。
そして知識以上に各国の人を友人にして帰国する」

4.絶対に守ることは、行き詰った指導者を否定しない。 右であれ左であれ、スカルノやスハルトであれ否定しない、喩え誤った結果が出た指導者・政党であれ。
自分達は、師として教えを請う。 社長・指導者に成っても10年で止める

20代半ばのプリブミ青年達の、この「志」を持って行動する力友情。 かつての日本にも居たであろう志士を想う。

帰国後、多くの責ある人の下に就き、あるいは接する時、何時も彼らを思い出し、祈る。

「責任ある地位に就き、そして永き経過した時、彼らの胸中が”初めの危機感”と”異なる危機感”をもったと感じた時、自負が保身に繋がらんことを願う。

初めの4年で目指し、次の4年で熟成、惜しまれ辞めるが善し。
決して、次の4年を担おうとすると全うを失う。 





[`evernote` not found]