定年退職後の青色事業専従者の片手間仕事(その2)

定年退職後は、妻の音楽教室の従業員(青色事業専従者)をしています。

税務署には、一応!!、年間給与(Max)を届け出していますが、この調子では給与を払ってもらえそうもない。

主夫業は全開。 娘曰く「お父さん、女子力が有るのね!!!」

ボヤキは取り敢えず、此処まで。


Job-02 教材作り

妻の音楽教室の教材(カード類etc)を、退職後に色々と作ってきました。

自宅での、レッスンでは隣の部屋でウォッチしていますが、幼児との会話、なかなか面白い。


さて、 「事業者より業務命令」が発令。

ただちに、この季節、「落ち葉拾い」「ドングリ拾い」を作成しろ!!!。

資料は”コレアレ”、大きさは”コノクライ”、数量は”コンナフウニツカウカラ”・・・・・etc。

私 : 『指示書を発行してください!!!』

(・・・・報酬は?、とはとても言えません・・・・)


と言う訳で、インドネシアからの帰国直後に幼い子供たちに「絵本を」※1と大枚数十万を払い購入した世界から集めた絵本集から題材を集める。

後は、スキャナーを撮り、トリミング、着色、変型、・・・・etc。

写真画質で写真用紙にPrint。

事業者帰宅後、「む~、う~、サイズ大きくない?」・・・・グッと堪える。

切り抜き(この時点で、事業者加担)・・・・>めちゃ疲れた。 指、痛い。
紅葉が形が複雑・枚数が多いで大変かと思ったが、一番簡単だった。
鋏をしゃくる様に使うと丁度ギザギサが上手くできる。

すべて切り抜きが終わると、パウチをする。

娘の、塾迎え催促の電話も「お父さんのお手伝いで無理」妻ノタマう
・・・お父さんの・・???。 お手伝い・・?????? (まっ、まっ、堪えて・・・)

この時点で、帰宅後の・・娘どもが「ご飯は何時~?」

無視して、パウチを切り抜く。 やり抜く。

事業者(姫様)曰く、『疲れた、寝る』


まっ、まっ、グッと堪えて「十善戒」を唱える。  四国遍路を初めてて良かった・・・。

と言うことで、完成品を公開。

★落ち葉

床に広げると、なかなか良い。

子供たちも「落ち葉拾い」を楽しんでくれそう。

★ドングリ

よーく顔を観ると楽しい。

一個、二個、三個。
たくさん集めて楽しそう。

お豆は、音符に使おうかな?。
ど、れ、み、ふぁ、そ、ら、し、ど~♪
種まきから芽が出て、葉が延びて、実が成って実が落ちる・・・。 ストーリー性有りOK

リズム・メロディーに乗って、遊んでね。 そして、体で感じてね。


※1 絵本・・・・・「親から娘へ、娘から子へ」を実感。

全く、情緒的教育・環境が無かった私は、妻から学びました。

Jakartaから帰国後、暫らくして、絵本のセールスを受けて購入。(相当な額でしたが・・・)
Eric Carleのリソグラフ(799/1000)が一枚 付属していました。
リソグラフもさることながら、世界中から集められた絵本は我が家の宝。
NETで調べると、現在では絶版もあり、各本とも相当なプレミア価格でした。
(このような発想・解説が、妻からヒンシュクを買うところ :mrgreen: )

また、二人の娘は童話館からの絵本でも育てて戴きました。

妻のように、娘たちも心やさしく健やかに育ってほしい。
妻は、母親から沢山の恵みを受けているなと、歳とるほどに感じ、子たちへの繋がりに感謝しています。

 

 

 

 

 






MoMAstore

[`evernote` not found]