爽秋の香りたつ丹波篠山へのツーリング

 

秋の気配が濃くなってきた爽秋の日。

ひさかたの小ツーリング。

定番の場所を、秋を確かめるが如くの走る。

 

ここは『宝塚の桃源郷』 私の秘密の場所。

宝塚の水源のひとつ

日当たりの好く、四方が山に囲われ静かな場所。

稲刈りが終わっていたが、
いが栗はまだ青々としていた。

 

 

 

 

JR福知山線の新線工事で亡くなられた方の慰霊碑もひっそりと木陰に佇む。

----------

桃源郷への道は、
木洩れ陽が落ちる苔むしる道。

 

 


此処からは、ゴルフ場を抜け県道に出て、武田尾温泉郷へ

※ モトクロスの如く、後輪を滑らせ、エンジンを時折路面の凹凸に擦らせて、飛び出たところがゴルフ場のカート道。 脱兎のごとく、走り抜ける

ゴルフ場へ続く道の両側の桜並木は、少し色づき始めた。


いつもの武田尾温泉郷

JR福知山線の列車が銀色の車体を輝かせて武田尾駅に着いた。

武田尾駅の大阪よりは鉄橋の上まで有り。 利用される際は大阪寄りが楽しい。

 

旧福知山線のトンネルを利用した温泉郷への道。  赤い吊り橋が映えて綺麗。

 

トンネルを抜けて真っすぐ進むと紅葉舘 別庭 あざれへ。

橋をこちらに渡ってくると、本館のある温泉郷。

今回は、別庭前の足湯で暫しの休憩。
旅館の方が、パンフレットと「日帰り入浴が出来ます」と、声を掛けていただいた。

この温泉郷は、宝塚~三田間にあり、三田から大阪に通勤される方は、トンネルとトンネルの200Mの間の光景に、日々、どんな気持ちで過ごされているのか気になる。


此処からは、一路 丹波篠山へ。

一応、宝塚市の山奥の”住宅地”(ほとんど別荘地?)にある、武田尾ローンテニス場

谷底にあるので、これまで前を走っていても気がつかなかった。 看板は有るのだが・・・。

みちすがら、柿の実りとコスモスが風に揺れるの立ち止り、もぎ取り・観ながら・・・・・。 風を切り。 峠道を・・・・。

干し柿作りは、峠を降りてみるとネットの中は空っぽ。???・・・。

飛ばし過ぎたかな。

 


ここは「丹波篠山」

デカンショ街道を避け(ネズミ捕り)、裏から篠山城跡へ入る。
とりあえずは、小西の黒豆パンを仕込み、城跡へ。

 

 

 

中庭のベンチで黒豆パンを喰らい、暫し休憩。・・・・爆睡2時間。

何処からか、デカンショ節が先生のヒステリックな声と共に流れてくる。

ハッハッハッ、何処も運動会は地元の音頭かいな・・・。

 

 

 

 

 

 

 


城跡を巡り、堀周辺をバイクで流しながら、季節と風土を五感で感じた後は、一路 宝塚へ。


あとがき

ツィッターで最近の政治ネタがドンドン上がってくる。
読むのも、考えるのも、特定の活字が眼に入るのも疲れてきた。
何時から、日本人はこうなったのか・・・。  娘たちの時代が心配だ。
今日のツーリングで気分を変えて、RV四国遍路を進めよう。






MoMAstore

[`evernote` not found]