パソコンの回生「DynaBook」

メーカーの修理見積額◎万円から 大幅ダウンで快適性能アップ。
容量・性能アップHDD 3,600円 + Windows7Pro 9,980円 = 13,580円で快適環境


すっかり忘れていた故障した東芝Dynabookを、今回のデスクトップPCのトラブルで存在を思い出しました。

1年前、妻のノートパソコンで作業中、本棚の上に置いたアタッシュケースを取ろうとして手を滑らせキーボード上に落下。 嫌な音とともに青い画面に・・・・。 😯

再起動をかけると、BIOSは無事終了。 🙂
Windowsの起動(旗画面)は過ぎ・・・・。 ・・・・・過ぎ。・・・・・過ぎ。 😐

ハードディスクの読み込み「クルクルるるる・・、コックン」の繰り返し。 😥

どこかキーが押した状態になっているのでは・・・と、ひとつづつキーをポチポチ・・・。 😳
横でじっと見ていた妻が、「Finaleで打ち込んだ楽譜データが有るのだけど・・・・ 今週、必要なんだけど・・・」

データは一時間おきにBunBackupNASとミラーリングしているので一先ず安心。
軽微なトラブルと思い、あまり触らず東芝PC集中修理センターへ修理依頼。

翌日、宅急便の方が集配に来られ本体を渡すだけで手間いらず。

修理から戻るまで、とりあえず次女の我が家の最新鋭ノートパソコン(Dell)を借りることに。
妻のアカウントを設定、楽譜制作ソフトFinaleをインストールして、NASのバックアップデータとパソコンとをミラーリング設定して完了。

Dellにはテンキー付きで楽譜作成には好都合。 DynabookではテンキーをUSB接続で利用していた妻には好都合。
以来、妻専用の如く、娘は断りを入れて借用することに・・・。
関西のオバチャンは“強い!!” :mrgreen:


二日後、東芝から故障原因と修理価格の連絡がありました。

ハードディスク+メモリー+キーボードが原因。
エッ~、メモリも?。 そんなところまで損傷?。

修理費 ◎万円。 高い!!!!。
ちょっと足したら新品が買えるじゃない!!!。

∴修理依頼をお断りして返却を願う。 実費5,000円也。

娘はiPhoneとiTunesのミュージックデータをやり取り+小説書き?+ネットで調べ物程度。
で妻に貸出も差し当たり問題無い。

私が暇なときに修理(=壊す)をすればよいと、棚の上に置き保管。  そのまま忘却。

一年経過後、今回のトラブルで思い出しました。


『マシンのチェック』

早速、取り出し、まずはバッテリー充電。

スイッチオン。   ・・・・・> 思い出しました、この音・この画面。 🙁

Windowsの途中で止まるのはシステムのデータが一部壊れているだけと想定。
データも救い出す必要が無いことから、今回、デスクトップ用に入手したWindows7をクリーン・インストールしてみました。

シリアル番号、設定の選択後、インストールの間 風呂でゆっくり~と。
なんと、風呂から出てみれば完了しているではないですか。

HDDのどこが?。 メモリもフル認識?。  キーを一つづつチェック。 ⇒ 問題なし???。

.

.

.

.
再起動をかける ⇒  読み込みに、カッチン・カッチン・・・・。 ???? >何とか起動

衝撃でプラッターの記録エリアにヘッドが接触したことによる、HDDのディスクの一部不良を疑い、その部分を除外するため物理フォーマットを試みる。

Step-1、裏蓋を開け、HDDのメーカーを確認。
.....⇒ 東芝製 (製品型式 MK1246GSX)

Step-2、HDDの診断Toolを探す。
.....⇒ 東芝は出していない。(サポートで確認) どうやらOEMらしい。

Step-3、OEMらしいので他メーカーの診断Toolで試みる。
.....⇒ 製品型式からMaxter および買収されたQuantumでチェック ⇒ 不可
.....⇒ NETでは日立製もあるらしい ⇒ 仕様は認識したが機能は使えない。

Step-4、Toolが使えないため、DOSでのチェック。
.....⇒ まず、chkdskでファイル損傷をチェック ⇒ 問題なし。
.....⇒ format/cでクラスタチェック ⇒ 問題なし。 このあたりで混乱???。
.....⇒ ついでにformat  ⇒ 当然、問題なく完了。

このあたりで、訳が判らない。 DOS画面でAドライブ、Dドライブ、Xドライブが有り、リカバリデータが有る事から初期状態に戻すリカバリーを試みるも不可。
.....⇒ これでHDDのプラッター損傷を確信。

これで、何が何でも物理フォーマットをするぞ!!!。
そのため、Norton PartitionMajicを使うこととする。 しかし、これはWindowsXPまで。
現在のOSはWindows7のためWindowXPをインストールすることに。

Step-1、WindowsXPのインストール。
.....⇒ 起動後、インストールすべきHDDを認識しない。 BIOSの問題???。

ここで、万事休す。  急須で茶を入れ東芝のサポートへ電話。

状況を話し、窓口の女性は親切に一つ一つ対応策を話してくれるが、全て試行済み。

.....⇒ その後も、専門的なアドバイスを受けていると上司らしき人物が電話口の向うで、なにやら担当者に指示している。   急に担当者の言葉使いが改まり「Windows7を入れた時点でサポート外になりますので・・・」とのこと。

最後に、小声で「すいません・・・」

マシンのサポートよりも、彼女の最後の一言に私自身がサポート(救われた)された気持ち。

でっ、HDD本体の不具合と判断。 既に3年半以上使用してる事からHDD取替えを決断

既存のHDDは、後日、遊びで物理フォーマットに挑戦します。


『HDDの選択』

選択の条件は、既存のHDD『TOSHIBA MK1246GSX』の性能を上回る製品です。

容量:120GB
回転数:5400rpm
キャッシュ:8MB
インターフェイス:Serial ATA
厚さ:9.5mm

早速、amazonの「カテゴリーから探す」で検索。

カテゴリー「パソコン・オフィス用品>PCパーツ>内蔵型ハードディスクドライブ」へ。
「内蔵型ハードディスクドライブ」のカテゴリーで『容量・サイズ・インターフェイス』を選択。

今回は、容量は500GB未満、サイズは2.5インチ、インターフェイスはSATA。 その中から、めぼしい製品をチェック。ノートに収まる9.5MMの物をリストアップ。

最近、衝撃・スピードに長け、容量・価格も許容出来る内蔵SDDも考えました。 しかし、BIOSの適合性に不安があるためスタンダードのHDDから“非常に”低価格のものを選択することに。

ありました。 中古品とは違う、リフレッシュHDDの雄 MARSHAL

メーカー品の「箱が損傷」「開封品(未使用)」「初期不良品」などを集め、動作確認を行いラベル張替えで再販している会社の製品です。
会社の存在としては、先見の明ある見事な外野選手(会社)です。

私が選んだのは、MARSHAL 2.5inch 7200rpm 320GB 8MB SATA MAL2320SA-T72
価格: ¥ 3,600

既存との相違は、
回転数 5200rpm ⇒ 7200rpm
容量 120GB ⇒ 320GB
回転数が上がったことにより読み書きの向上が期待できる。
容量は、画像処理をメインで行わないことからこの程度でよい。
中古機に、これ以上の容量を保存すること自体が危険。

★私の選んだ製品

アマゾンのPCパーツ選びはここから。

早速、取替えてOSを入れることにする。


『OSインストール』 

OSは、前回のデスクトップ回生では『再生中古PC用』のWindows7(32bit/64bitセット版)をamazonから購入しましたが、今回は、より安価なQoo10からProfessionalより上位のUltimateを購入。

画面説明をよく見ればよかったのですが、失敗しました。
この商品は、プロダクトコードがメールで送付されて来るものです。 しかし、メディアは自分で段取りです。

以下は、私が試した策ですが、皆さんにお勧めできません。 もし、このタイプを購入するのであれば、最後まで読んで私のお勧めを利用してください。

因みに、数GBのメールを受け取ることが出来れば、windows7のisoデータを送ってくれます。  ただ、「宅ふぁいる便は一度に最大300MBまで」、「FilePostでは一度に最大1GBまで」で数ギガバイトを受け取るのは通常難しい。

『試行ケース(非推奨)
インターネット上で、Uindows7 UltimateのDownloadはマイクロソフトのホームページからは一般は不可。  製品一歩前の評価版をインストールされている方はDownload出来ますが新品HDDでは空ですから無理 🙁 。
他をネツトで調べると英語版のwindows7 isoがダウンロード出来るところがありました。これをDVDに焼いてインストール、認証時にメールで送られてきたプロダクトコードを入力すればOK。   言語選択から日本語を選べばOK。

から、私の場合、32-BIT WINDOWS 7 ULTIMATE X86 SP1 (BOOTABLE)を選択。

インストールしました。  ⇒ 何も、問題なく利用できました。

しかし、不安。 上記の場所が大丈夫なのか?。 システムに何ぞや仕込まれていたら・・・の一抹の不安
一応、家中のLAN接続機器を切り離して本機のみでテストしましたが・・・・ 😐
気持ちが落ち着かないので、削除+HDDをフォーマットしました。

◆対応策◆
オリジナルのUindows7 Ultimateを知人から借りてインストールを行う。
プロダクトコードを入れるときにメールで送られてきたプロダクトコードを入力する。

私の場合は、ProfessionalのオリジナルがあるのでUindows7 Professionalにしとけば良かったのですが同じ物ばかりあってもと思い Ultimateにしたのが失敗。

☆正規版のDVDが有れば問題なし。 むしろ、DELLのDVDよりは良い。

嘆いても仕方ない。 『再生中古PC用Windows7(32bit/64bitセット版)』を前回購入の店舗より購入して、すっきりインストール。

★amazon


『OSインストールの後作業』

東芝ホームページのサポート情報/ダウンロードから機種・OSを選択して、更新プログラムを一つずつ実行。

 

 

 

 

 

その後は、Windows Updateを実行。

最終確認は、コントロールパネル>システムとセキュリティ>システムの中のデバイスマネージャで”?”マークが無いか確認。
無ければ問題なし。
有れば、右クリックしてデバイスドライバの更新を選択、インターネット上から探すを選択して、インストールする。

以上で完了。

これまでのVista以上に快適。


今回リポートで購入のショップ。

「Windows7 OS」を購入 ⇒ GAME・PCソフト専門店『otomachi』

「HDD」を購入 ⇒ ハードディスク激安市場☆過激な名前の店舗ですがMARSHAL直営。







デスクトップパソコン

[`evernote` not found]